住宅ローン借り換えをする時には費用についても確認しておこう

住宅ローン金利が史上最安値で推移しているからと言って、誰もが住宅ローンを借り換えてメリットがでるというわけではありません。
住宅ローン借り換えのメリットは、「当初の金利よりも低金利のローンに乗り換えることによって総返済額を減らす」に尽きます。
借り換えを考えている皆さんは「低金利」というメリットばかり注目して「諸費用」というデメリットを見落としがちです。
諸費用というのは、借り換えで発生する手数料や税金、印紙代、保証料や司法書士への報酬などです。
住宅ローンを借り換えるというのは、新たに住宅ローンを組むわけですから、そこには諸々の経費が発生します。
いくら金利が下がっても、借り換えの諸費用の方が高額だったら借り換える意味がありません。