実技試験免除のメリットとは?

実技試験免除を受けるメリットは、いくつかあります。
一番大きいのは、やはり「筆記試験に合格するための勉強に集中できる」というところなのではないでしょうか。
介護福祉士になるには実技試験・筆記試験の両方に合格していなければならず、どちらかだけ合格しても免許は発行されません。
ただでさえ、忙しい学生生活や勤務時間の限られた合間の時間に勉強すると言っても、なかなか難しいのが現状です。
しかいs,この実技試験免除の有効期間は3年間となっているため、一度筆記試験に落ちてしまってもあと2回はチャンスが残されています。
すでに現場で働いて技術を身に付けている人や、筆記試験に集中したい人は、申し込みをしてみてはいかがでしょうか?