フレッツには顧客からのクレームが多数ある?

フレッツには顧客からのクレームが多数寄せ集められており、その中の一つに加入後一ヶ月くらい経った頃に、突然ネットが繋がらなくなる件があります。
この実例の場合、最初の設定にそもそも間違いのあることがわかって、無事使用できるようになったみたいですが、そのようなクレームは日毎に寄せられているようです。
引っ越した際に、入居するアパート自体に、光回線に加入されていなかったため、申し込み後に工事が必要でした。
工事担当の方はとても清潔な雰囲気で、説明もしっかりしていて会社への評価も高くなりました。
プロバイダの回線速度のことですが、多くの方はインターネットを使っての閲覧、データダウンロードするなどでもっぱら使用していると思いますので、下りの速度が重要じゃないかと思うのです。
インターネットでHPを閲覧するくらいであれば、そこまでの速いスピードじゃなくても問題なく使うことができます。
知名度の低いワイモバイルの場合、解約する際にかかる解約金を低料金にしたり、契約期間を縮めたりしてお試しの期間を利用するようにすれば、契約数がかさんでいくとされます。
安さに魅了されても、1年以上の契約の期間があったりすると、契約にはなかなか踏み出せないものです。
今時は多種多様なインターネット回線の業者がございますが、昔からございまNTTフレッツは知られた企業と言えます。
インターネットのみではなく、ご自宅の電話や有料テレビ等、色々なサービスの提供をしており、厳しい戦いをしていると言われながらも、いっぱい加入者がいます。
プロバイダの金銭的負担が減るといわれて、今のプロバイダに乗り換えをしたのですが、失敗でした。
確かに、料金の面ではかなり金銭的負担が減りました。
でも、頻繁にネット接続の不具合が起こったり、回線速度の低下がみられたりで、前のプロバイダの方がはるかに良かったのです。
プロバイダを乗り換えたのは安易な考えだったと、悔やむ気持ちです。
インターネットのプロバイダーは、新規加入・乗り換えの人を対象としたたくさんのキャンペーンを展開しています。
引越し・新規加入の際には、直接電話やネットを使用して申し込みをせず家電量販店もしくはキャンペーン特典を受けることが出来るサイトから申し込みをすると得することができます。
近頃、光回線業者が高齢者宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線の契約トラブルが増えています。
こういったことを受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明確にしました。