ソフトウェア開発系イベントの参加者はエンジニアのみと考えている人も少なくないでしょう。

でも現実には勝てるチームというのはいろいろな才能が集まったところなのだとか。

つまり極端な話プログラミング能力がなくとも活躍できるわけです。

確かに実際の職場でもプロジェクトチームというのは異なった才能の集合体となっています。

時間や環境など厳しい面が多いこうしたイベントへの参加ではプログラミングに関する技術はもちろん他にもさまざまな即戦力となれる力が身に着きそうですね。

東京は日本で最も人口が多くいろいろなことを発信する地でもありますがそれはハッカソンにおいてもやはり同じなのでしょうか。

調べたところ小さなものも合わせるとかなりの数が開催されていますがかと言って地方では全くないというわけでもありません。

中には大規模なため都心や地方で同時に開催されたりすることもあるそうです。

他にも温泉地で行うという面白いものもあり開催は都心でも地方でも問題なく可能なようです。

テーマや大きさはそれぞれなのですがどれにおいても参加者の熱意は変わらないのでしょう。

Airbnbというウェブサイトはしばしばエアビーと略されます。

創業は2008年で本社はカリフォルニアです。

民泊なる言葉をテレビでよく耳にするようになりましたがこちらは宿泊場所を提供したい人とされたい人が繋がるきっかけとなっています。

世界中と情報のやり取りをして需要と供給に応えているのですね。

最近よく聞くシェアリングエコノミーという考え方を広めたのがこの会社だそう。

ハッカソンはこういった次世代のアイディアを発掘し形作ることでまだ見ぬ未来を創造する場所であるとも言えます。

このイベントがきっかけとなって成功を収めた人がいるように多くの人の夢が詰まったものなのですね。

Ruby on RailsというのはRubyというプログラミング言語により書かれたオープンソースフレームワークのことを言いこの言語でWeb開発をする際にしばしば使われています。

開発の効率を挙げるためです。

他と比べてもかなり利便性が高いとのこと。

なのでハッカソンなどのスケジュールがシビアな開発に向いていそうですが実際はそこまで多く使われているということもないようです。

大きなメリットとして柔軟性が高いので相性が良いのは変更の多いシステムなのだとか。

2015年、ハッカソンは日本中で少なくとも数十回開催されました。

2016年はどれだけ行われるのでしょうか。

調べてみると毎月どこかで何かしら開催されているようです。

短い期間で金の卵を見出せるかもしれない貴重な機会でもあるのでおそらく開催する方も多大なメリットを感じているのでしょう。

知らない人はいないほどの大手企業もスポンサーや主催者として関わっています。

ただしイベントも大きくなると予選が必要だったりあまりの人気に定員になるのが早いものもあったりするので参加したいイベントがあるなら受付期間には注意しておきましょう。

一般的にフレームワークというといわゆる枠組みのことなのですがソフトウェアの分野においては開発の基盤となる部分のことを言います。

使える時間がそれほど多くはない開発イベント時にはこういった便利なものをうまく使って効率を上げていく必要があります。

こうしたイベントでは開発に至る流れをスピーディーにこなさなくてはならないので、手の込んだものというよりもむしろこれまでなかった斬新なアイディアをわかりやすい形で目に見えるものにすると高評価に繋がるようです。

だからこそすでにある使えるものはうまく取り入れるという柔軟な対応力が求められます。

数あるプログラミング言語の中でもRubyは創作過程を簡素化しより簡単にプログラミングできるようにと作られたそうです。

興味がある人の受け入れ態勢が整っているといった感じです。

まずプログラミングを楽しもうという信念がベースにあるだけあって仕事というより趣味で楽しむ人もおられるようです。

RubyMotionというのはこの言語を使ってアプリを簡単に開発できるものなのだそう。

これをハッカソンの際取り入れたという人もおられて、使ったことのある人のお話によるとメリットもデメリットも同じくらいあるようで好みや慣れで使いやすさはかなり違ってきそうです。

コンピューターを思い通りに動かすためには命令するための言語を使って指示を与える必要があります。

それぞれ好みのものや得意なものがあるそうですが日本人が開発し国際規格に認証されたものもあります。

それがオブジェクト指向プログラミング言語Rubyです。

この言語は面倒な部分を簡素化することによってとにかくプログラミングを楽しむことができるようにと作られたとのこと。

便利な機能がたくさんある上にフリーソフトウェアでもあるので時間制限のあるハッカソンで使いやすそうですがある統計では使用率が10位ほどとなっていました。

温泉地にてスマホアプリを開発するというとても面白いハッカソンが日本で開催されています。

主催者が本戦にかかるさまざまな費用をもってくれることもあってか人気はとても高いようです。

本戦は夏ですが2か月前から各地で地方予選が開かれます。

このイベントでトップになることができればスペシャルツアーご招待でシリコンバレーへ行けるのだそうです。

一般的に限られた時間内で成果をあげなくてはならないためシビアになりがちですがこれなら作業中も温泉に浸かることができるでしょうしまるで旅行に行ったような気分にもなれそうですね。

現在ではハッカソン情報サイトも充実してきています。

それだけ一般的に広く知られてきたとも考えられます。

発想するところから開発に至るまでの流れが速いのでスピードが求められる現代にマッチしているのでしょう。

方や個人個人の実力も求められるところでもあるので多くの部分で実力をつけるかなり良い機会になるのではないでしょうか。

加えて日常生活では話もしないような人たちとコミュニケーションがとれたり開催日が複数になると夜通し作業できるような場所を提供されたりと仕事に役立つ出会いもありながらサークル活動を楽しむようなフレッシュな雰囲気も味わえそうです。

WEBとは文字や画像をインターネット上にアップしたりそれらを見たりできるシステムを指しこの技術を取り入れたハッカソンも多く開催されています。

今や当たり前のように日常生活に取り入れられている技術ではありますが思ってもみないようなものと組み合わせてみるなどアイディア次第で可能性は無限大とも言えます。

開催されたイベントでは必要なものを絞り最小限の機能にするなどしてサービスが完成するまでたった2日でできたという人も。

作業効率を上げるだけでなくその内容から簡素化することで目的や目標はよりクリアになるのかもしれませんね。

ハッカソンとは英語のhackとmarathonを掛け合わせた言葉で簡単に言うと一日から数週間の短期間アプリやソフトウェアの開発に集中できるイベントです。

なんとなく初心者が参加するには敷居が高いように感じてしまいます。

必要な参加資格は大抵募集要項などに書いてありますが、プログラミングに関する専門知識が必須であるものもあればアイディアやデザイン分野の人を募集しているものもありました。

参加してみたいけど気後れしているという人はイベントの雰囲気に慣れる第一歩として条件の厳しくないものに挑戦してみてはどうでしょうか。

インターネットの普及などでさまざまな働き方ができるようになってきた昨今。

最近は小さな会社やフリーランスなどが集まり個人個人でそれぞれの仕事をしながらワークスペースを共有するコワーキングという働き方も増えてきているようです。

アメリカから広がってきたワークスタイルとして現在日本でもそういった使い方ができる場所が増えつつあります。

このようなコワーキングスペースを利用したプログラミング系の開発イベントもちらほら開催されています。

人が集まって仕事ができる環境が整えられたところなので開催条件がそろっている貴重な場所でもあるのでしょう。

主にエンジニアの人向けに開かれる人気のイベントにアプリやソフトウェア開発系のものがありますが、その中で最新の情報通信技術を新たな発想で他の分野とつなげることを目的としたイベントも数多く開催されています。

これまでだと人の手が入らないと無理だったような部分をさまざまな技術を使って模索しより便利な形にするという難しいながらとてもやりがいがありそうなイベントです。

仕事をこなしていく中で不便に感じる部分などを新たなソフトウェアによって解消することができたならまたはより質の高い仕事ができるのなら嬉しいですよね。

ハッカソンに参加するとなったら多くの場合必要なのが仲間、つまりチームメイトです。

チームで厳しい制限時間以内に目標を実現させるためにはできるだけ作業は素早くかつ正確にしなくてはなりませんし、また審査員だけでなく他の参加者まで驚かせられるようなアイディアが出せる人がいなくてはなりません。

集まったそれぞれの得意分野が違っていれば徐々にチームの中で役割分担がなされ作業がスムーズに進むのだとか。

イベントに参加することで仕事にも役立つスキルを磨くことができそうです。

関連ページ